2016年04月12日

ウォーターダメージ修復お願い

ルイジアナはクロウリーにあるJay Millerさんのお店からレコードが届きました。
注文時「このレコードは少しウォーターダメージを受けてる物しか残ってない。よければ半額にしとくけど。」
とのことだったので、もちろんOK。ジャケがキレイじゃなくても内容が最高なんだから注文しました。
届いたものがコレです。
DSC_1343.JPG
想像はしていたけど、かなりキテいるウォーターダメージ!
裏はまずまず。まあ、いいとしましょう。
DSC_1344.JPG

あれ?えーと、、、あれ?
DSC_1346.JPG
なんか、ぶ厚いな。けっしてこのアルバムは二枚組ではない。。。
DSC_1347.JPG
同じレコードが二枚くっついているのです。
DSC_1348.JPG
もちろん中身も同じレコード入りで。
DSC_1349.JPG
そりゃあ、もう、ビッタリきれいに貼り付いています。。。
どうやらほんとに水で濡れて長年積み重ねられていたようです。(81年発売だったので35年間ぐらい)
たぶん上手い具合に印刷のインクが溶けて接着材代わりになってしまっているようです。
先方も剥がすのを諦めて、仕方なく二枚送ってくれたみたいです(笑)

どなたかこういう状態を上手く剥がす方法知りませんでしょうか?

内容は素晴らしいアルバムなのでレコード自体があればいいとは思いますが、
ボロボロでもジャケットはやっぱりあった方がいいじゃないですか。
否、ボロボロのジャケットの方が「よくぞ時と距離を乗り越えてやって来てくれた」と愛着がわくもんです!
posted by Yoshi-take at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業日誌